土地探しはこう探せ!家から?土地から?あなたは?

 

この記事を読んでいるあなたは、今土地を探そうとしているか、探しているけど中々見つからないか、のどちらかの方が多いのではないでしょうか。

インターネットで出てくる土地情報として【SUUMO】【HOME’S】【東急リバブル】【アットホーム】【地元不動産屋サイト】どんどん出てきますが、どこも同じような土地を紹介していることに気づくでしょう。

何が良いのか、どこに頼めばいいのか、どう始めていいのか分からなくなります。せっかく楽しみなマイホームの計画が最初で疲れ果ててしまうのはもったいないですね。

特に土地を購入して家を建築する方は、土地はどのタイミングで探したら良いのか?を間違ってしまう方が多くいます。家づくりは1年スパンの長期戦になりますから、まずは腰を据えて情報収集してみましょう。

このスタート次第で、一生の家が台無しになってしまう可能性が高まります。

注意したい所です。

土地探しには、3つの選択肢が存在

  1. 自分で探す
  2. 不動産屋に依頼する
  3. ハウスメーカーに依頼する

自分で探せる方は、それなりに知識を持っていることが前提になります。日本の土地には、家を建てていい土地と、建ててはいけない土地に分かれます。

建てていい場所でも、一般的な住居がOKな場所と、そうでない場所があります。また、要望の間取りができない土地も存在します。

持っていてほしい知識、土地探しに必要な専門用語・・・

市街化区域・市街化調整区域・地目・権利関係・所有権・定期借地権・建ぺい率・容積率・接道義務・北側斜線・用途地域・都市計画・建築条件・設備関係・旗竿地・高低差・仲介手数料など

詳しくは別記事にて・・・

不動産屋さんに依頼する方法は、間違いない一つではありますが良心的な不動産屋さんでないと失敗する可能性を秘めています。ハウスメーカーと違い、不動産屋さんはアフターサービスがありません。販売したらそこで終わりです。

ハウスメーカーはどうでしょう。こちらも失敗しづらい選択肢ではないでしょうか。ハウスメーカーで土地探しを依頼するときは家が建てられる、後々問題が起こりにくい土地をご紹介するはずです。建築がしづらい、困難だという土地を進めても結局家が建たないのでハウスメーカーとしては意味がなくなります。

ハウスメーカーなどが持っている土地で、【 建築条件付土地 】というものがあります。ハウスメーカーや不動産屋が土地を持っており、その土地を購入する場合は、建築する業者が決まっていることがあります。建築するメーカーや工務店が気に入っていれば候補の一つでしょう。そうでないときは、その土地を購入するのが困難になります。

土地に付き物の、仲介手数料も建築条件付土地であれば、掛からないことがほとんどです。

仲介手数料とは、例えば1000万円の土地を仲介した場合に3%+6万円×消費税を不動産屋さんに払う仕組みです。土地の価格によりパーセンテージが変わりますが、上記の例でも40万円程度の費用が掛かるのです。

 

土地購入の注意点!土地が先?家が先?

徐々に減ってきてはいますが、「 土地が無ければ家は建たない! 」と言う考えの下、土地を最初に探し始める人が多く存在します。

土地が無ければ家は建たない!のはもちろんその通りなのですが、先に買う必要はありません。

土地を先に見つけるメリット

好きなエリアに土地を見つけることが出来る。これは場所ありきの家づくりのタイプです。通勤通学に便利な駅近やスーパーなどの買い物便利な場所を選ぶことを優先的に検討している方に向いているでしょう。家はそこそこでいいと思っている方が多いのも事実です。

土地を先に見つけるデメリット

場所ありきで探すと、家に割ける予算の割合が決定します。その為、間取りや性能の打ち合わせ段階で妥協する点が多く出てくるのです。結果、狭かったり、暑い寒い=光熱費が掛かる家になってしまう可能性が高くなります。

土地は良い物件から決まっていきます。すると、欲しい土地が出た時に買わなくてはいけなくなります。迷っていると、ほかの人に買われてしまうからです。

そういったことで土地を先に決めてしまうと、購入代金が発生してきます。現金ならまだしも最悪な場合、土地のみ先にローンが始まります。家賃がかかっている人は、支払いが厳しくなってきます。もし、少しまってくれると言う良心的な不動産屋さんだったとしても、ハウスメーカーを決定してローン実行が出来るまでの期間が物凄く短く、ハウスメーカーを吟味することが出来ない状態に陥ります。

家に対するこだわりを、家族で話し合う時間が少なく、夫婦喧嘩が起きることは必須です。

ハウスメーカーを先に決めるメリット

ハウスメーカーを先に決めることで、全体の資金計画が組めます

そして、土地にかける予算がはっきりしてきます。ハウスメーカーは、土地が無ければ家を建てることが出来ませんので一緒に探すようになりますが、ここが良いところでもあります。

欲しい家にあった土地を一緒にプロの目線で探すことが出来るのです。

  • 高低差があると余計な費用が掛かる
  • 電柱などの出入りに邪魔なところは避ける
  • 地盤の悪そうな所は敬遠する
  • 全体の予算決めが出来る
  • 余計な費用が出ない土地が探せる
  • 不動産屋との交渉を任せることができる
  • 土地売買のアドバイスを受けることができる

もっと多くのメリットがありますが、素人が焦って土地を探すより良い土地が見つかる可能性があります。

まとめ

土地から家づくりを進める方は、まず、ハウスメーカーを絞り込むことをお勧めします。住宅の価格もピンキリです。家と土地以外にかかる費用は素人には中々わからないものです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。